ケアマネになるメリット

キャリアアップしてケアマネになったお陰で良かったと感じた事例は、枚挙に暇がありません。
そもそも、ケアマネになると介護士のときよりも平均年収が大幅にアップします。
平均年収は400万円前後になりますし、儲からないといわれている介護の世界では割と高収入な部類に入ります。
また、各種手当も充実するので、お金の面で不満は出にくくなり、家族を養っていくことも可能になるでしょう。
生活が楽になったという人が多いので、給料面だけを見るだけでも、この資格を狙っていく価値は高いといえます。

また、厳しい体力仕事をしなくてよくなるケースも多いようです。
ケアマネージャーという資格は、主に相談業務をスムーズにこなしていくためのものだからです。
介護計画の策定や、利用者やその家族との面談に時間を注ぎ込むことになるので、現場での体力仕事からは解放される事例が多いでしょう。
力よりも頭を使う仕事にシフトしていけるというわけです。

齢を重ねると体力的な面で不安が出てくるものですが、ケアマネの資格を持っていると長くこの世界で活躍をしていくことも可能になります。
定年まできちんと働くことができますし、体力が落ちたことを理由に休職をする必要もありません。
ケアマネは非常に高度な資格になるので、この資格があればより良い環境の職場に転職をすることもできるでしょう。
現状の労働環境の中でも特に給与面に不満があるという場合は、【お給料アップしたいケアマネへ】などのWebページを参考にして、自分でその環境を変化させていくことも考えてみると良いかもしれません。